二月です

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 07:03

 日本列島寒さが厳しいですね。日本海側は特に大雪で大変なようです。

 

私の住んでいる地域も何回か雪が降りましたが、たいして積もりませんでした。

しかし、気温は低くて、夫を会社に送り出す早朝六時半頃は氷点下6℃くらいの毎日です。

 

窓が凍ります。昔は冬と言えば、毎日のように窓が凍っていたものですが、ここ何年かは窓が凍ることなどなかったのに。

今年の寒さは厳しい。

 

 

 

雪の日は、樹木に雪が乗って美しいですが・・・・

 

 

 

雪は降るたびに、種類が違います。湿雪、ぼたん雪、粉雪、地面に白く積もる場合と、地面は積もりませんが、木の枝や葉っぱに乗って、見たところ美しい場合、どっさり積もって何もかも埋まってしまう場合、など本当に様々。

 

 

 

 

散歩道の池が凍ったので、木の枝で絵を描いてみました。

 

 

しかし、管理人の地域の雪など、今豪雪で大変な日本海側、北陸などの雪とは比べ物になりません。

特に北陸の雪は、湿雪で量が多くて重たいので被害が大きい。

 

 

 

もう少し前には、東京も大雪に見舞われました。

東京の雪の様子

わんこが大喜びです。

 

 

東京大雪

 

東京は毎冬一回は雪が降ります。子供の頃、年末年始に祖父母のいる東京に遊びに行くと、必ずと言っていいほど雪が降って真っ白になっていたのを覚えています。

しかし、年々雪は少なくなり、昔ほど降らなくなりましたが、今年は大雪でした。

 

雪が降ると、雪だるまを作りたくなるのが人の常。

今回の雪で、様々な雪だるまが生またらしい。すぐ消えてしまう雪だるまですが、みんな楽しんでいるようですね。

本当に皆さん、雪をエンジョイして工夫していますね。

 

 

 

 

しかしまた、雪国ではエンジョイなどと言ってられません。本当に大変です。

 

福井出身の友人がいますが、実家や親族のことを案じています。

福井の豪雪、昭和56年以来だそうですね。

 

 

今年ではありませんが、毎年こんな様子だと思います。

飯山線の電車。前がろくに見えないのに、よく走れるなあと感心します。

飯山線は長野県長野から新潟県長岡までを結ぶ線です。

 

 

さて、もうじきピョンチャン冬季五輪が始まり、楽しみです。

報道番組で見ますと、ピョンチャンはとても気温が低くて寒いのに、雪がないのに驚きました。

日本選手だけでなく、世界のアスリートたちの活躍を祈ります。

 

 

 ところで、先日久しぶりに、車販売会社を経営している友人を中心に七人でランチをしましたが、半数が韓流ドラマにはまっているのが分かりました。私は韓流に限らず、ドラマというものをあまり見ないので、ただただ感心して話を聞いていました。

次は皆で韓国料理を食べに行こうという話も出て、楽しみです。韓国料理は好きなので。

で、日本のドラマなら「医者もの」を皆さん、お好きなようです。医者ドラマは手術シーンなどがあるので、私はこれまた見ませんが、夫が大好きなので困ります。

 

 

 

 久しぶりに、街でマトちゃんを見付けました。

お弁当に入れるグッズ売り場です。小さなおむすびを作る容器らしい。

 

 

 

 

節分が過ぎましたが、こんなおまんじゅうをゲット。鬼さんを食べるんですね。

 

 

恵方巻き、お寿司半分をまるかぶりしました。

 

 

ねこやしきの豆まき

 

 

 

 

 

バレンタインデー

 

 

 

おもちを焼く

 

 

 

今年は戌年、干支のあるロシアでも戌年です。プーチン大統領とわんこのカレンダーがあります。ネットで拾ってきた写真でうちにはありません。

本当にプーチンが犬を好きなのか知りません。あの人はパフォーマンスがお好きですから、かっこだけかもしれませんが・・・

わんこたちとはしゃぐ姿は悪くない。日本から贈呈した秋田犬がどうしているでしょうか。

 

 

これは秋田県ですね。それにしてもデカい犬だ。

おやつを与えているプーチンさんの真剣な眼差し。「おい、咬むなよ、おまえ」って?

フンの始末やエサやりは、もちろんプーチンの家来が、いや、秘書がやっているのでしょう。

 

 

いずれにしても、わんこは一番かわいいです。

お正月すぎましたが・・・

 

 

 

 

 

 

笑顔が一番。

後ろの、口の周りがタポタポしているわんこがかわいい。

 

 

早く春が来ますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一月半ば

  • 2018.01.14 Sunday
  • 10:14

 早いもので、もう一月半ばになりました。

 

ポーランド・ポズナニの友人Bさんから年末年始の写真が届いたので紹介します。

 

大晦日の豪華な料理

どれもとてもおいしそうです。Bさんの奥さんはとても料理が上手です。

 

 

 

おいしそうなお菓子の奥に、家から送った日本のクリスマスカードが置いてあります。

右側のカード、北斎の絵ですが、スヌーピーの仲間一団が波乗りしています。左側は扇子屋さん。

無事に届いて良かった。

手前のカップの柄が美しい。

 

 

 

Bさんの家のリビングルーム。

まだクリスマスツリーが飾ってあります。日本のように25日であわてて、片づけて正月飾りを飾る、ということはないようです。

美しく静かなシルベスターの夕べ。

 

 

 

新年を迎える晩のポズナニ

人が大勢歩いています。カウントダウンを待っているのでしょうか。

 

 

 

夜中の十二時、元旦を迎えると、花火が上がります。左奥に花火が小さく見えます。

真夜中に子供たちも見物しています。

 

ドカーン!新年おめでとう!

2018年、ポーランドも日本も世界中が平和でありますように。

 

 

日本は寒波が訪れ、私の暮らす地域も少しですが、雪が降りました。

以前、愛犬と毎日歩いた散歩道。

 

 

 

この程度の雪なら、「きれいだ」で済みますが、日本海側の積雪のように1m〜3mも積もっていたら大変です。

金沢の親戚は雪下ろしで困っているようです。

 

 

 

近所の柴犬

 

 

先日、友人と韓国料理屋でランチ。

美味しくいただきました。

最近は友人たちと、韓国料理ばかりいただいています。友人の多くは韓流ドラマファンです。

この店で「ムンジェインはおかしい、変だ」と時の話題を始めかけましたが、「ここではその話題はちょっと」と自粛?。

とてもおいしかったです。店内は満員でとても人気ですね。

 

昨日、夫と、スターウォーズ映画、「最後のジェダイ」を見に行って来ました。

 

 私自身は、スターウォーズシリーズ、さほど興味はありません。一番初めに見たスターウォーズ(一作目)だけは面白いと思いましたが、二本目、三本目となるとあまり覚えていないのです。

夫がこのシリーズが大好きなので、何回か一緒に見ましたが、毎回、私は真剣に見ないので、筋についていけず、途中で寝てしまうのでした。あの大音響の中でよく寝られるなと言われますが、聞きなれるとたいしたことはありません。

 

 宇宙人などが信じられないから、面白くないのではありません。私は宇宙人を信じていますし、月の空洞の中に宇宙人の基地がある、土星は宇宙人が住んでいる、というような話は半分信じていますし、大好きです。

なので、「未知のとの遭遇」や「2001年宇宙の旅」のような映画は心底感動します。

 

しかしスターウォーズはどうも筋(ややこしくて)についていけません。変な宇宙人がたくさん登場するのは面白いのですが・・・

なので、昨日見た「最後のジェダイ」も、一番最初、ジェダイがどっち側か、つまりダースベーダーの側か、ハンソロやチューバッカやR2D2(一作目に出てきたので覚えている)らのいる側か、(ダースベーダーやハンソロはどっくに死んでいたらしいが)それすら分からず、最初の方は、コックリコックリしてしまいました。

が、後半は、なんとなく筋が分かり、惹き入れられ、楽しく見ることが出来ました。

 

これはスターウォーズ一作目。分かりやすい説明が入っています。細かい筋は忘れていたので、はあそういうことだったんですか?と感心。

それにしても一作目が「エピソード4」とは知らなんだ・・・

このシリーズ、ストーリーが過去になったり、(ダースベーダーの子供時代とか)血筋とか家系とか複雑です。

 

で、私としては、一作目(エピソード4)だけ覚えていて、突然、エピソード8(最後のジェダイ)を見た(夫は二作目、三作目などたくさん見たではないかと言っていますが)ので、タイムスリップしたような感じがしました。

以下、感じたことを書きます。

 

一作目のレイア姫がこの映画でまた出演しているとは知らず、あのおばさんは何?と思っていましたが、途中で分かり、ずいぶん年をとったものだと感心。同時に自分も年をとったんだなあと感心。

 

ルークとレイア

 

↓真ん中が昔のレイア姫 左がルーク、右がハンソロ

 で、「最後のジェダイ」で最初、ルークが出てきたとき、昔のルークとは別の俳優が演じていたのかと思いましたが、あのマーク・ハミルだとは!?すごいおじいさんになったものだと・・・

 

人間が年を取っていくのは、仕方がないので、いいのですけれど、驚いたのは、ぜんぜん年をとらないチューバッカ。

着ぐるみの中の俳優さんのことではない、私は映画の中の「人物」として見ています。

 

もっと毛が白くなるとか、よぼよぼした感じならばわかるけど、元気で一緒。

ウォーウォー、と爬虫類的な発声で、頭悪そうなのに、操縦がうまいのも一緒。長寿な宇宙人らしいけど・・・

右のふくろうとウサギのハーフみたいな、小動物がかわいい。

 

 

 

ヨーダも年取らない、というより、元々年寄りくさい、そのまま。

「最後のジェダイ」にも登場。最初、後姿を見ただけでヨーダと分かりました。ヨーダは好きです。

東洋の賢人風の静かな賢者で、動きがとろいと思っていましたが、何作目かでライトセーバーをビュンビュン振り回してえらく強いのに驚いたのを思い出しました。

 

本当は強いヨーダ

 

 

登場人物が老境に入って何年も経ったのに、兵器の技術革新が感じられませんでした。

一作目と同じx型の戦闘機や帝国軍の両輪型?戦闘機が同じだったのにびっくり。

どこかの星の上での戦いの時に出てきた、歩くことが出来るラクダ型の大型兵器?

あれも前と似ている・・・

まだ使っているんかい?と思いました。

それに、古いハンソロの船も、登場。遠くの星の、海に囲まれた島に隠れ住むルークのそばに、古くさくて土をかぶったようになったファルコン号が残っていて、ロボットR2D2もほこりまみれになって、生きて?いました。

それがまた飛ぶんですよね。燃料はどうやって補給したんかいと思いましたが。

 

ただ、R2D2ロボットは進化したようで、丸くてころがるBB8とかいうロボットがいました。

これは新しくなったようですね。

 

 

 帝国軍の雰囲気は、ナチスみたいでした。これは一作目から感じましたが・・・

レジスタンスとか、第二次大戦を彷彿とさせますね。

新しいのに、妙に古くさい設定。

環境は宇宙、銀河系ですが、ストーリーはいわゆる、昔の戦争バトル映画と似ています。だから面白いのでしょうけど。

 

 

 

女性のホルド提督とその臣下のおばさま方の髪型がなんとなく1960年代、70年代風。

古き良き時代のアメリカドラマを思い出させるホルド提督の出で立ち。

後列兵士の左端の人は頭だけ、イノシシ?異星人でしょう。といっても、みんな地球人ではないはず。

こういうのがこの映画の面白さ。

男女機会均等法?で、女性の上役も出さないといけない?


 

 

 

 

レジスタンス兵士の二人は人種的には、アジア系とアフリカ系。いろいろな人種を入れなければいけないのでしょうね。

右奥のスイッチも今の時代より古くさいです。ボッチを押すボタンですし、帝国軍の宇宙船の中で、扉を開けるのに、配電盤みたいなのをいじっていましたが、配線がたくさん、からまっていて、ヒューズが飛んだ?みたいな雰囲気。

宇宙を飛び交っている宇宙船にしたら、古くさいなあと。真空管でも使っているのかしらんと?

 

 

 

この女の子、愛嬌があってかわいらしいんですけど、ずんぐりして頭でっかちで、天童よしみそっくりでした。

ベトナム系らしいですけれど、中国系、ベトナム系なら足の長いきれいな女の子がいっぱいいそうなんですけど、どうしてこの子?と最初は思いましたが、いろいろな人が出るのがいいでしょう。

主役の白人の女の子レイを引き立たせるのに、きれいな女の子はいらなかったのかも?

 

 

スノーク(ムーミンにも出てくる名前)というジャガイモ頭の帝国軍のトップ。

人の心が読めるので、相手の企みが分かる割には、あっさりと、ライトセーバーで真っ二つに殺されてしまうんですが・・・

文句ばかり言いながら、映画を楽しんでいます。

 

 

夫のスターウォーズコレクション

左にBB8がいますが、今回見た映画で、名前と活躍ぶりが分かりました。

右奥、ダースベイダーの存在感がえらく薄いんですけど・・・

黒いR2D2みたいなのは悪のロボットでしょうね?

ヨーダが賢そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

新年おめでとうございます

  • 2018.01.03 Wednesday
  • 20:16

本年もよろしくお願いいたします。 

 

今年は戌年です。

わんこの年

 

 

 

 

もちろん、我が家の玄関に犬張り子など飾りました。

 

これも我が家の飾り物

 

 

一年半ほど前に亡くなった祖母の形見の犬の置物。 楠部彌弌の小犬。黄金の目に何か意味があるのか不明。

かわいい丸っこい子犬です。

 

 

自作マトリョーシカも並べました。犬柄のマトで、犬は全部家で飼っていたわんこです。

 

わんこの置物など。

 

 

 

昨年末に完成した、京都ハリストス教会をテーマにしたマトリョーシカ

右の二人の聖職者に帽子をかぶせました。でもよく見ると、白い帽子はもう少しタケを短くしたら良かったと思います。

人間の縮尺と頭でっかちの人形のそれは違っているので、もう少し考えないといけないなあと反省。

 

 

 

左側のマトリョーシカは裏返すとがらりと変わります。

京都なので、京都の和の風景も入れました。古都京都のハリストス正教会だということで。

左端はニコライ大主教

 

 

別の向きからは五重塔と教会の門柱など。

左端は初代京都の主教アンドロニク。

 

 

二人の聖人は、京都正教会で購入した絵葉書を参考にしました。私は模写が出来ないので、あまり似ていませんが。

絵葉書の二人は京都教会を抱えています。

 

 

 

 

 新年になって、ポーランド・ポズナニの友人BさんとレジャイスクのIさんからクリスマスカードが届いたので紹介します。

 

これはBさんからのカード

イエス様誕生のシーン

 

 

また、Bさんは聖母マリアの小さな壁掛け(瀬戸物)も一緒に送ってくれました。

さっそく本棚のポーランドコーナーに飾りました。

よくある宗教画とは違い、マリア様もイエス様も表情や衣装が独特です。服装も面白い。とても気に入っています。

 

 

 

 

ポーランド・レジャイスクのIさんからのカードは彼女自身の手作りです。

日本の色紙を使って作ったそうです。

 

 

 

丸い毬は、めくると、絵柄が変わるようになっています。

すごいアイデア

 

 

 

クリスマスツリーは、こんな風になって、中にメッセージを入れることが出来ます。

 

 

 

 

カードを送ってくれる前に、Iさんは、手作りクリスマスカードの写真をメールで添付してくれました。

下の写真は添付されてきた写真。

幼稚園の先生であるIさんは、絵を描くことや、アクセサリー作り、カードを作るのがとても上手で器用です。

 

 

 

布地、レースを使っています。

 

 

 

これは日本の色紙を使っていますね。

 

 

 

レースをはりつけた球。色や柄の組み合わせが巧み。

 

 

 

フェルトで作ったツリーがはりつけてあります。

星の形はみな同じなので、星形切り抜きがあるんでしょうね。

 

 

 

この星は自分で描いてますね。

 

 

 

このツリーは家の送ってきたカードと色違い。日本の色紙が使われています。

 

 

 

日本の色紙をクリスマスカードに使うと言うのは、ユニークなアイデアで、嬉しいですね。

Iさんのセンスは素晴らしい。芸術家だと思います。

 

 

 

 

次に、日本に住む中国人の知人から送られてきた新年カードを紹介します。その人も芸術家で、とても書道が上手です。

絵も描かれますが模写も得意。

日本の浮世絵をそれは上手に模写されます。

 

 

 

 

これはカードですが、自作品はもっと大きく、和紙に描かれており、飾るとまるで本物です。

模写が苦手な私には、不思議です。なんでそんなに緻密に模写できるのかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年年末

  • 2017.12.29 Friday
  • 10:02

今年もあれよあれよという間に、暮れていこうとしています。

 

 前回、紹介し忘れた、神戸の「世界一のクリスマスツリー」を紹介します。

 

友人が訪れ、写真を送ってくれました。場所は神戸港のメリケン波止場。

↓左奥の木

 

富山県氷見市から船で運ばれてきたあすなろの木。樹齢150年。高さ30メートル、重さ24トン。

運ぶだけで数千万円かかったらしい。

 

 

ツリーのようす

 

来年がより良い年となりますように。

 

 

 届いたクリスマスカードを紹介します。

 

ポーランド・スクジェヴォのLさん夫妻より送られてきたカード

スキャナーにかけたら、あまりきれいに出ませんでした。

オーナメントが印刷でなく、布地で貼り付けてあるのがいいですね。

Lさん夫妻は、ポーランドのクリスマス曲のCDを一緒に送ってくれました。

少年合唱団と男声合唱団の美しいコーラス集。

 

 

これはパビアニツェのJさんからのカード。

 

 

 

 

これは隣町の親戚からのカード。日本製。

 

先月末から、日本は寒さに覆われていて、特に日本海沿岸、北陸、東北以北は雪まみれです。

屋根の上に一メートル積もって、雪下ろしに往生しているニュースを毎日見ます。

ヨーロッパでも雪が多いようで、北極振動が原因のようですね。

 

私の暮らす地方は、雪は今の所、ちらつく程度ですが。

ふもとの町で、寒桜が咲いていたのにはビックリしました。

寒いのか、あまり元気がありませんけど・・・

 

でも一足先に春のよう・・・

 

 

実家の玄関のお花も春のよう

 

 

 

 

町でレモンビーグルに会いました。名前はマロンちゃん。

人懐こい子で、嬉しそうにまとわりついてくれ、感激しました。

来年は君らの年だ。がんばれ!

わたくしに何をがんばれとおっしゃるのですか?それよりも何かおいしいものを

と、言っているようです?

 

 

 

これは友人の家の猫、風子ちゃん。病気であまりながくないだろうとのことですが・・・

できるだけ長く機嫌よく生きてくれますように。

 

散歩コースで、何回も会っているのに、いっこうになついてくれない犬さん。

 

 それでは皆様良いお年をお迎えくださいませ。

来年もよろしくお願いいたします。

 

 ねこやしきの年の暮れ ムーミンの家に招かれて

 

 

 

 

来年は戌年だにゃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスです

  • 2017.12.24 Sunday
  • 11:09

 

 

今年も残すところあとわずか。クリスマスの季節を迎えました。

 

 

 友人が神戸のルミナリエの写真を送ってくれました。

2017年のルミナリエ。美しいです。

 

 

イタリアから毎年職人が来て飾るそうです。

阪神淡路大震災の年から、震災で亡くなった人々を慰霊するために、始まりました。

地元の人は、震災で亡くなられた人たちも見に来ていると信じているようです。

 

 

 

 

 

 

神戸ルミナリエ2017

 

 

 

 

 

ところで、ポーランド・ポズナニの友人Bさんから、ポズナニのイルミネーションと氷作品の写真が届きましたので紹介します。

 

 

奥に電飾観覧車が見えます。

 

 

大きな観覧車ですね。

 

電飾で飾られた通り。美しい。

 

 

 

氷の彫刻作品

日本でも、寒い地方で二月頃によく開かれています。

〇度以上になると氷が溶けるので、札幌並みに寒くないとできません。

 

 

何の彫刻家わかりませんが、下から色が変わるライトで照らされています。LEDでしょうね。

 

 

色が朱色から黄色にチェンジしました。それにしてもすごい人です。

 

羽があるから天使?でもこの人、えらくなまめかしいんですけど・・・

 

スケートしている子供ですかね?

 

きれいですね。

 

 

二匹の犬が獲物(四足動物)を引っ張っている像。猟犬のハント?

リアルですが・・・

日本ではこういう題材はないだろなあ。。。。

 

 

お酒店

 

 

 

小物店。ヘアーバンドか何かを売っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM