四月です

  • 2017.04.24 Monday
  • 14:56

 四月も終わりに近づいてきました。

 サクラはここ最近より遅く(十年以上前はもっと遅かった)咲き、(管理人の住むところでは)今は枝垂れ桜、八重桜やヤマザクラが満開です。

 4月16日のふもとの町の枝垂桜

 

枝垂桜

 

 

ソメイヨシノと枝垂桜と新緑の木

青空と桜色と新緑の萌木色は良く似合う。

 

 

サクラの下で遊ぶ幼児たち

 

 

 

管理人の家の近所のソメイヨシノ

 

 

 

 

 

現在の町の八重桜

 

 

後ろは牡丹桜

 

 

八重桜の通り

 

 

建物からの風景

 

新緑の通り

 

 

木香バラ真っ盛り

 

 

 

 

16日は復活祭イースターでした。

日本では、復活祭は教会の行事で一般的には知られていませんが、USJなどの影響か、以前より街中で飾りが見られるようになってきました。

 

大きな町の通りの輸入店に飾ってあったイースターの飾り

ニワトリ、玉子、ヒヨコさん、ウサギさんが主役ですね。

 

 

スーパーで売っていたイースターお菓子

 

 

これも別のスーパーで売っていたブルボンのイースター菓子

 

これはハーシー(Hershey's)のイースター菓子。

以前は輸入菓子以外でイースター菓子はあまり見たことがなかったので、少しずつ浸透しているのだろうかと。

しかし、クリスマスやハロウインとは違って、復活祭は十字架にかけられ、一度亡くなられたイエスキリストの復活をお祝いする行事で極めてキリスト教の重要な宗教行事です。

なので、仏教徒の日本人には、復活の喜び無しにお祝いする気にはならないでしょう。

 

 

我が家は毎年イースターの飾りつけをします。

色つき玉子はポーランドの友人Bさんが昔、送って下さったものです。

白ウサギと小さい単色の玉子は100均で買いました。

バックはポーランドのカード。

 

 

Bさんが今年のイースターの写真を送ってくれたので紹介します。

本場のイースター、生活と信仰に密着したイースターで、日本とは異なる文化圏のものですね。

 

 

教会のイースターの飾りつけ茨の冠をかぶった苦悩に満ちたイエス・キリストの表情。

 

キリストは亡くなった後によみがえり、復活の喜びが訪れ、人類の救いが完了します。

キリスト教徒にとってはとても重要なお祭り。

 

 

教会で清めてもらうイースターバスケット

 

 

 

Bさん一家のイースターの食事。

奥さんがとても料理上手です。

 

Bさんの奥さんのイースター料理

お肉でしょうか?煮込んだようですね。

 

 

ゆでたお肉を細かくします。

このような機械を初めて見ました。

 

 

どんどんできました。

 

 

多分、味付けペーストを入れて・・・

 

 

 

良くこね上げて、パッドに入れて・・・

 

 

オーブンに入れます。

 

 

おいしそうに焼きあがりました!

 

 

 

これはドライフルーツやナッツが入ったマズレックという手作りお菓子。

 

 

これはチョコレート土台のお菓子

 

上に、ジャム?とナッツやサクランボを置きます。

 

どれもこれも本当においしそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.10.20 Friday
  • 14:56
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM