中国人の友

  • 2017.06.02 Friday
  • 07:08

 

 

 

もう今年も半分が過ぎてしまいました。

 

 最近、日本語学級で知り合った中国人女性のマンションへ遊びに行きました。

その方は七十才くらいで、日本人と結婚した娘のマンションの近くに暮らしています。

元々は中国のとある町に暮らし、工業デザイナーで高級官僚として働いていました。

しかし娘が日本に暮らしていることから、彼女は年に何回か日本に訪れて、公民館の日本語学級で日本語を学んでいました。

 日本語会話力はあまり上達しませんが、読解力はかなりあります。

知識人で、昔の漢詩に通じ、達筆。模写絵も上手で、日本の浮世絵模写が趣味のようです。

全て彼女の自筆。さすが漢字の本場中国人だと感心。

 

 

模写絵も巧みに描かれます。

 

 

これも模写絵。

はるか西域の感じ。いや、インドか?(管理人の知識不足で・・・)

 

 

これも漢詩らしい。

彼女より若い世代になると、文革時代に教育を受けているので、漢詩などは知らず、もっと若い世代になると、古い漢字は読めないようです。

 とてもインテリで面白い人物です。料理も上手で、日本語学級では彼女の指導で中国料理教室を何回か開いています。

ただ彼女は、沖縄は中国領土だと言っていますが・・・まあそれはそういう教育を受けたのでしょうね〜。

 

 

 

一方、日本語学級の私の担当のスペイン人女性が、日本語で弁論(というほどのものではないが)することとなり、書いてきた作文などをチェックしています。

 彼女のふるさと、モストレスについての話で、wikiで調べてきたらしく、難しい内容。これを日本人はともかく、他の日本語学習者(中国人、韓国人、ドイツ人、キルギス人など)にも興味を持って聞いてもらうようにするには、かなり細工が必要です。

まずモストレスの歴史ですが、「モストレスで、先史時代の遺構が見つかった」と書かれていたので聞きました。

「イコウ、じゃみんな分からないよ、遺跡(イセキ)の方がまだ分かるかな?いったいどんな遺跡?」

彼女はスマホで調べながら困ったように答えます。

「石器時代の家」

「それは面白そう。写真があれば、印刷してそれを見せながら話すといいね」

 

 16世紀にその町の洞穴でマリア様の像が発見され、その像が今もマドリードの守護神になっている話も書かれていました。

「洞穴の中でマリア像が?」驚いて聞きました。発見された洞窟の上に教会が建てられ、マリア様がお祀りされているそうです。

教会の写真ですが、洞窟はどこ?と言う感じ。500年前なので、周囲もすっかり変わってしまったでしょう。

 

 

洞窟で五百年前に発見されたマリア様の像ですが、きれいな衣装(様々な衣装を着替えるそうです)

を身に付けられて、古い感じは全くしません。木像だそうです。

 

「十六世紀に洞穴で発見された、ってことは」私は彼女に質問しました。

「そのもっともっと昔に作られたってことでしょ?いつごろ作られたの?」

彼女はスマホで調べましたが「そんなこと書いてない」とのこと。

それが知りたいんだけどなあ・・・

 

さて、

十九世紀初頭に起こった「スペイン独立戦争」の時に、五月二日の日、ナポレオンが一番最初にモストレスに入って戦ったそうです。

「へええ、ナポレオンが?」昔、世界史で習ったと思いますが、私はすっかり忘れています。

で、彼女の文章は「五月二日はマドリードの日になり、今も毎年その日にお祭りをしている」と続くので私は聞きました。

「ああ、じゃあ戦争に勝って独立したのね。」

「はい、その戦争の時にスペインの王様(フェルナンドス七世)は逃げて、代わりに、ナポレオンの弟が王様になりました」

「ええ?ナポレオンの弟がスペインの王様になった?じゃあフランスの支配下になったわけ!?」

その日本語が良く通じなかったのか、彼女はそんなことはない、の一点張り。まだ日本語で詳しい説明が出来ないので、もどかしそうでした。

 フランス人がスペインの国王に代わったというのは、フランス領土になったような感じがします。それはあくまでも日本人の考えかも。日本の長年同じ家系で続いてきた天皇制と、欧州の王制はまったく異なるんだなあと思いました。それと、ヨーロッパは一つと言われているように、王族同士も元々は親戚同士なのでしょう。島国日本とは異なる考え方ですから。それはそれでいいのだ。

 

五月二日の戦勝記念日?のお祭り写真らしきもの

 

 などなど、モストレスはとても興味深い素晴らしい所なのだと分かり、今、写真などを準備しているところです。

 

 ちなみに、そのスペイン人女性はカトリック教徒ではありますが、実質今は信仰していないとのことでした。興味も無さそうでした。

 

 最近の写真

 

 マーガレットに似ているけれど、違う花

 

 

 

 

 

 

ニセアカシア (ハリエンジュ)

 

 

実はマメ科のハリエンジュ

 

 

 

花を飾る家

 

 

 

実家のカラーとアマリリス

母が「ユリと間違える人が多い」と言っていました。

 

 

 

庭に飛んできた美しいトンボ

 

 

 

今が盛りの庭の、ユキノシタ

 

 

町で見かけたわんこ

 

 

 

川で洗ってもらうわんこ

 

 

お散歩するわんこ

 

 

近所のわんこ、ラフちゃん

ひとなつこくてかわいいです。

 

 

動画コーナー

 

はなちゃんの動画(我が家の愛犬の名前も花だったので、犬種は違いますが、かわいいので紹介)

もう少し背景に変化があると良いのですが・・・

 

柴犬はなちゃん

 

 

 

我が家の今は亡き愛犬の動画

モス少の「ぼくの子犬」の歌をバックにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.12.10 Sunday
  • 07:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM