暑い!

  • 2017.07.14 Friday
  • 15:33

 

先日まで近所のカエルが鳴いていましたが、暑くなったせいか?最近はとんと鳴き声を聞かなくなりました。

セミは、ヒグラシが朝夕鳴いていますがヒグラシの声は涼しげで好きです。

 

 

 

 

 

 先日、ふもとの町の公民館日本語学級で七夕まつりが行われました。

多くの外国人たちが参加。日本人役員が七夕の紙芝居をし、どういった行事であるか説明。

しかし、七夕のお話は日本人たちも良く知らなかったので、ははあ・・・と一同感心するばかりでした。

日本人の一人が「ロミオとジュリエットみたいな話だと思ってたのに全然違ってた」と言っていました。

あまりこのストーリーはメジャーではないですね。

元々は中国の話ですが、新しい教育を受けている今の中国人も良く知らないようでした。(現在、中華人民共和国出身の中国人ばかり来ています。以前は台湾や香港、インドネシア華僑の人たちもいたのですが)台湾の人なら知っていたかも?

ちなみに日本語学級の生徒で一番数が多いのは中国人です。(日本人の奥さん、子供が日本人と結婚している人が多い)

 

 

 

 

それから、七夕様の歌の説明もありました。

私も子供時代に良く歌ったので、歌詞は知っていますが、あまり考えたことがなかったので、改めて感心。

金銀砂子は天の川のことだったとは。

もっとも私の子供時代、すでに天の川は見えず、大きくなってからハワイ・オアフ島で初めて見て驚いたものです。

確かに星が多すぎて?川みたいに見えるんだなあと。

 

のきば、と言う言葉も皆さん(外国人だけでなく若い日本人も)わかりません。役員さんは家の絵を描いて来て、見せてくれました。

役員が「昔の日本の家には、大屋根の下にもう一つ屋根が出ていた」と説明。

私が子供の頃暮らした家は古かったので、確かにのきば(軒端)はありました。

何か、木組みの四角い長い棒のようなものがぶら下がっていて、そこに風鈴も掛けることが出来ました。

最近の新しい家では見たことがありません。

なつかしい美しい歌です。

 

 その後、色紙で飾り物を作り、短冊に望みを書付け、外国人たちは一人ずつ発表。母国語でも読み上げました。

日本人は平和について(北朝鮮にミサイル発射実験された後でしたので特に)書く人が何人かいました。

 

↓漢字がよく書けるようにとの望みを書いたドイツ人の短冊。

外国人でも、日本語が書ける人は日本語で書きました。

 

 

 

 

コスタリカ人が書いたスペイン語の望み。なんて書いてあるのか分りません。

 

 

中国人の一人が千代紙を刻んで作った飾り字。喜びと言う字でしょうね。

 外国人たちは、七夕飾りの前でスマホ撮影して喜んでいました。

 

インターナショナルでとても楽しい七夕会でした。

 

 

 

 

町の川で見かけた鴨

 

 

 

何かおいしそうな魚でも見つけたのだろうか?涼しげです。

 

 

昨年、軽井沢から移植したフシグロセンノウが咲きました。

これは開く寸前。

 

 

 

現在のフシグロセンノウ

この朱色が好きです。

 

 

 

 

何年か前に、やはり軽井沢から移植したヤマユリも早々と開花。

ちょっと花弁が変ですが。香りがとても良いですね。

 

 

 

庭の山アジサイ

我が家のアジサイはみな、近所の道から枝を切っていただいてきたものばかり。

 

 

 

植えた桔梗

 

 

 

 

知人から前にいただいた,ユリ。名前がありましたが忘れました。

とにかく気品があって、美しい。

 

 

上のユリと色違いもあります。開いた直後の花で、なんとも新鮮で初々しい。

 

 

 

 

 

庭の畑の作物は育成中。

 

キュウリはたくさん植えましたが、まだまだこれから。

ミニトマトや桃太郎トマトはまだ青いです。

 

 

紫蘇は山ほどはびこっていて、朝晩はサラダに紫蘇をたっぷり入れます。

 

 

毎年よく採れるピーマンもこれから。

 

 

インゲンは勢い良すぎて、届かないほど高い木の上で実っています。

 

 

 

低い方のインゲンは山ほど採りましたが・・・

 

 

 ポーランド語のJ先生はもうじき、息子さんと母国へ夏休みを過ごしに帰ります。

先日のレッスンで、私は国会議員の稲田防衛相と暴言暴力の女性議員豊田さんについて話を持って行きました。

内容は難しいので、辞書を引いて、単語を見付けて組み立てて間違いを直してもらいますが、内容が内容で先生は大笑いしていました。稲田防衛相の写真を見せると、「こんな防衛大臣見たことない」と驚いていました。ポーランドの防衛相は男らしいごっついおじさんだそうです。

 

今の防衛大臣、アントニ・マチェレヴィチさん

 

ううん、確かにごついと言いますか・・・強面ですなあ。

 

 

ちなみにこのお方のこんな動画を見付けたので貼っておきますね。

電磁兵器の人体実験!?怖いですね。兵器だけでなく、今やいずこも電磁波だらけなのは間違いありません。

スマホもそうですし、安全装置の付いた車は「走る電子レンジ」だそうです。

便利すぎるのは、同時に人体に危ないのかも。

 

 

稲田さん。他にも彼女のドレス姿の写真を見せると、J先生は「こんな防衛大臣で国守れるの?」と絶句。

「でも彼女、足が綺麗ね」ですと。足は防衛と関係ないよ。

確かに、マチェレビチ氏とは違いますね。

 

 

それと、物議をかもした豊田議員。

 

 

 

J先生はこの話をした後で、テレビで彼女が怒鳴っているのを見たそうです。「日本人女性が男を殴るなんて」と彼女は目を輝かせて感心していました。

「日本の女性は強い」と彼女は日ごろから言ってますが。

先生は二人の写真を欲しがり、「国へ帰ったら、友達に見せるわ」と喜んでいました。

 

 

 

 

どらねこ暴走族

 

 

夕げの支度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.10.29 Sunday
  • 15:33
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM