流し素麺

  • 2018.09.08 Saturday
  • 23:16

 先日、お手伝いしている福祉作業所で、流し素麺大会が開かれました。

毎年ここでは、八月末に流し素麺大会が開かれ、準備が成され楽しく流し素麺をいただきます。

 

 テーブルの上に、トユ(実際に屋根でトユとして使われたものでなく、素麺用に買ったものをきれいに洗って毎年使用)を敷きます。

 

テーブルの上にビニールを敷いて押さえます。

 

 

 

水道のある洗面所から、テーブルの上にトユを通し、水はザルを通って外にでるようにします。

 

 

 

 

 

一方、調理室では、素麺以外に流す、薬味やおかずを調理しています。

ミッキーマウスの蒲鉾が半分になっているのは、ちとかわいそう?

 

 

おいしそうな薬味。青ネギ、おろし生姜、ミョウガ、シソ、ゴマなど。

ちなみに素麺出汁は、市販のものではなく、職員の手作り。元調理師だった方がおられるので、助かります。

 

 

 

 

おやつの船。全員が間違いなく受け取れるように、名札がついています。

 

 

これは、金魚すくい用のポイです。ミニトマトなどを救うのに使います。

素麺はおはしで取ります。

 

 

 

素麺が流れてくると、一同、がんばっておはしで、素麺をすくうのに必死。

 

 

これはミニトマトや、蒲鉾が流れてくるのを、ポイで、すくいます。

 

 

 

スーパーボールも流れましたが、ほとんどの人のポイはすでに破れていて取れず、ザルにたまりました。

 

 

 

私は役割があったので、一緒に流し素麺を楽しめず、後で、まとめていただきました。

本当においしかったです。家でも時々、素麺をいただくので、薬味の参考にさせていただいています。

 

 

 

 

 マトリョーシカ絵付け、

草軽電鉄や、旧碓氷峠線の機関車がテーマで描いています。

バックは浅間山(のつもり)

 

 

 

 

 

 

 

 

パンタグラフに特徴ある外国製機関車

 

 

 

これも草軽電鉄の車輌ですが、うまくいきません。

 

 

 

一緒に絵付け教室で習っている、やはり乗り鉄が趣味のおじさまが、「マトリョーシカに鉄道描くのは珍しい」と言ってくれましたが、本人はマトリョーシカにわんこの写真などを貼って、とても面白く仕上げています。

 

 ところで、そのおじさま、よく鳥取方面へ行くと言うので、十月に鳥取砂丘へ旅行する予定の私は、聞いてみました。

「鳥取でお勧めの場所はあります?」

すると、

「砂丘のそばの、砂の美術館、石見銀山、巨大砂時計のある砂時計博物館」と言うことでした。

私は大喜びで、出先から(その日は一日中外出していました)一緒に鳥取へ行く全員に(夫婦三組六人グループライン)知らせました。

「それは楽しみ」などと返信がある中、帰宅してパソコンでしっかり調べますと、石見銀山と、砂時計博物館は島根県だと分かり、(砂の美術館は鳥取)あわてて訂正メールを送りました。

 鳥取と島根を混乱する人は多いので、そのおじさまも間違ったのだと思いますが、うっかり信用してしまった私も悪いです。

 つくづく確認してから、メールを送らねばと思いました。

 

 その日は、もう一軒、間違いメールを送ってしまいました。日本語学級の業務メールにも関わらず、一人の人への連絡を八人同時に送ってしまい、次々に問い合わせが来たのです。(ラインではなく通常のモバイル会社のメール)

 出先で、なかなか返信を書けず、帰宅してから、大慌てで訂正お詫びメールを送りました。

 スマホはややこしいと悪態をつきながら?慌てていると夫に「お前の頭がややこしいだけじゃないか」とまたまた言われてしまいました!

 まだまだスマホには慣れません。

 

 

 さて、鳥取の話ですが、タイミングの良いことに、昨日、NHKのブラタモリで鳥取砂丘が取り上げられたのです。さっそく、夫が「ブラタモリ、みんなで見ようじゃないか」とグループラインで一緒に鳥取へ行く皆さんに知らせました。

 ブラタモリ、私はとても好きで毎回見ていますが、いつも友人たちはあまり面白がらないので、あれは地形地質趣味の人しか喜ばないと思っていましたが、今回は皆さん、たいへん面白がってくれたようで、「鳥取たのしみ」「ラクダに乗ろう」などとラインが入っています。 

 

 

 

 

 

久々にジロと花の映像を。

映像自体は私が構成し作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.01.04 Friday
  • 23:16
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM