ミェジズドロイェ リゾート地

  • 2018.10.19 Friday
  • 11:33

秋もいよいよ深まって来ました。​

 

 

 ポーランド・ポズナニ市の友人Bさんからの写真の続きです。

バルチック海沿岸地方のリゾート地を二つ紹介しましたが、今回は最後、ミェジズドロイェと言うこれまた難しい名前の町です。

この町も有名な人気のあるリゾート地。

 

 

バルチック海ビーチ。

 

 

美しいお花でいっぱいの街中

 

 

ピザやバー等の飲食店が並んでいます

 

 

右側の店は美容院 男女とも入れるようです。

 

 

 

 

 

ショッピングアーケード

 

 

 

 

スイーツがたくさん

 

 

 

 

ここに一週間滞在したら間違いなくメタボ体型になるかも?

 

 

Bさん夫妻は、甘いものが大好きです。でも二人とも太っていません。スマートです。

これチーズケーキかな?おいしそう。

 

 

 

 

 

小さい子供達が喜びそうな玩具の乗り物が並んでいます。

 

 

アーケードショッピングエリアの先に海に突き出る桟橋があります。

 

 

素適な桟橋を歩く。

 

 

 

 

欄干に鍵がぶら下がっています。恋愛成就の鍵でしょうか?

 

 

このゾーンは、床石にこの町へ来た映画スターや芸能人のプレートが埋め込まれています。

 

 

 

 

床石に黄金色のプレートが見えます。

 

 

 

これは有名なポーランドのアンジェイ・ワイダ監督のプレート

こんなに出っ張っていたら、躓きそうだなあ・・・

 

 

 

ワイダの奥さんの女優、ベアタ・トゥイシケヴィチさんの手

手相を拝見って感じ。

 

 

 

これは、ポーランドで有名な詩人、作家、俳優、劇作家、などのマルチタレント、イェレミ・プシボラさんのプレート

 

 

 

聖ペテロ聖母教会

 

ミェジズドロイェ、これで終わります。

 

 

 管理人は、最近、立山黒部アルペンルートの旅をしました。

三年前の五月に、同じコースを旅する予定でしたが、アルペンルートケーブルカー故障で、黒部ダムが見られなかったので、秋に再挑戦することにしました。三年前の時は、黒部ダムを通過せずに室堂へバスで大回りして行きました。

 今回は、切符やホテルなどは旅行会社の手配でしたが、個人行動の旅でした。最近は団体ツアー旅行ばかりだったので、気楽でしたが、時間制限があって、いつもバスの集合時間ばかり気にしていましたので、今回は自由に回ることが出来、これも良かったです。

 

 まだ真っ暗な早朝に自宅を出て、新幹線で名古屋まで行き、そこからワイドビューしなのに乗換えました。

制御式振り子電車でカーブの多い線を早く走る列車です。

 

 

 

途中の駅で、古い機関車EF64貨物用を目撃!まだこんな古いのが走っているとは!

 

 

 

松本で、東京から来たあずさ三号に乗り換えます。

新型電車ですね。

 

 

 

三十分足らずで(特急券を買いました)信濃大町で下車。

信濃大町の歓迎太鼓。誰も叩いてくれませんでした。置いてあるだけ。

何かの時にはたたくのでしょうね。

 

 

信濃大町駅前から扇沢まで、路線バスに乗ります。

 

 

 

 

バスは大町市内を経て

 

 

山の中に入ります。信州と言った感じの木々の間を走り抜けます。快適です。

 

 

 

 

トロリーバス扇沢駅到着。

降り口に立っていた係員が、お客さんの顔を見て、即座に日本人かそれ以外か判断して

日本語と英語で案内します。中国人が半分ほどバスに乗っていたと気が付きました。

顔が似ているのに、よく見分けがつくと感心。

 

改札口は駅の様です。

 

 

 

トロリーバスに乗りこみます。

架線から電源を取って走るトロリーバスは、形はバスでも、鉄道扱いだそうです。無軌道電車?

 

 

 

 

バスは一台だけでなく、何台も連なって走ります。

 

 

 

単線車道で、真ん中あたりで、道が太くなって対向車とすれ違います。

ケーブルカーと同じです。

 

 

 

車内はけっこう混んでいました。乗車時間が十分くらいなのと、直線なので揺れません。

 

 

 

黒部ダム駅到着

 

↓階段220段を上がって展望台へ行くか、下り階段60段でダムに出るか?

 

 

 

もちろん、220段上がって展望台へ行くに決まっています。

キャリーバッグをコインロッカーに預けて、リュックだけ背負って(これも重いんですけど)進みます。

大変ですが、好奇心が勝つので,上れます。

 

 

 

途中に水飲み場があります。空のペットボトルに水を入れました。

破砕帯の湧水ってロマンがありますね。

 

展望台までにレストランがあったので、ここで昼ご飯を食べることに・・・

窓から黒部ダムが望めます。生憎の曇り空でしたが、雨が降らないだけましです。

 

 

 

メニューはそんなに高くないのですが・・・

 

 

 

中身は少しだけ。

焼きそば(紅ショウガがえらく多い

 

 

 

ビーフシチュー

を二人でわけただけでは、足りないので、豚まんを一個ずつ買っていただきました。

 

 

さて、展望台へ登ると、黒部ダムが良く見えました。

学生時代、ここに来たはずですが、全くおぼえていません。

 

 

 

 

 

 

勢いよく放水されています。

 

黒部湖の上で遊覧船ガルベ号が汽笛を吹き鳴らしていました。

グッドですね。

 

 

 

 

 

展望台から黒部峡谷方面を望むと、紅葉がきれいでした。

 

 

 

標高が高いと紅葉が早いですね。

 

 

 

展望台から外側の階段を下りて行きます。

 

 

 

黒部ダムの上です。

 

 

 

ダムの真ん中から下を向いて撮影。怖かったです。

 

 

 

ケーブルカーの黒部湖駅前に来ましたが、そこを左折して、遊覧船に乗ります。

 

 

 

こんなトンネルを、乗船時間が迫っていたので、走りました。

 

 

 

 

黒部湖を三十分の遊覧。速いのでけっこう奥まで進みます。

 

 

ガラガラの船内

 

 

立山黒部アルペンルートつづく

 

 

動画

我々が行った時は、天気が良くなかったので、これほどきれいではなかったですが、満足満足の黒部でした。

 

 

 

音楽がうるさいです。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.09.19 Thursday
  • 11:33
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM